記事一覧

耐震診断①

 改修工事のコンセプトの一つ!①耐震補強。

 その前にこの建物の耐震診断が必要になります。

 札幌市で昭和56年以前に建築された建物に対して耐震診断、耐震設計、耐震改修工事に対して補助制度があります。

 全国で補助金は出しているのですが、補助割合はいろいろです!地方自治体によっては無料でやっているところもあるんです

が、札幌市は9割を補助してくれます。私は木造住宅耐震診断員の資格があるのですが、この補助金を利用しました!

構造評点



耐震図面 (597x640)





 上記のものを札幌市に提出しました。実際提出する書類は図面とかソフトで計算したものとか、何十ページになるのですが、

結果は上部構造評点が1.0以上あればいいのです(^-^)/

beforeが現在の状態を耐震診断したものです。2階y方向以外はすべてアウトですね(T_T)

afterが間取りプラン変更して、耐震補強した耐震設計の結果です。

1.0以上になりました(^-^)/

耐震改修工事のやり方として内部壁をすべてはがして、石膏ボード12ミリに貼り替えして全体的に壁の補強をしてそれでも足りな

いところは、構造用合板や筋交いをいれています。4箇所くらいです。あとは接合金物の取付。

 計算上は阪神淡路大震災レベルの地震でも倒壊しない強度になります。

 古い建物でも住宅ローン減税や不動産取得税の軽減などを受けるために必要な”耐震適合証明書”もでるので、古い建物にす

みたいと考えている方は是非!耐震改修はしたほうがいいと思います(^-^)/

 お金借りて家を買う予定でれば、その人の所得や改修工事の費用によってもちがいますが100万円前後お金が戻ってきます!

 大事ですよね(#^.^#)
 

 




 


 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ymoku

Author:ymoku
 古い木造住宅の雰囲気を残して耐震診断、設計、断熱性向上の提案をしている設計事務所です。2015年から過ごしている築41年の木造2階建ての事務所兼住宅は、初のセルフリノベで現在快適に過ごしてます!
 セルフリノベやDIYした時の様子や耐震診断、設計、断熱性向上の提案の事、またそれに関する補助金の事などを綴っております! 

最新トラックバック