記事一覧

現場調査①

 築41年の建物。

買うときはまだ人が住んでいたので、簡単な調査しかせずに購入しました。

 通常だと、床下もぐって、小屋裏天井確認して、鉄筋入っているかの簡易な調査、雨漏れ確認、床、壁の傾斜など…。

 しかし、この物件は金額と築年数のわりに雰囲気が良かった(* ´ ▽ ` *)

 そして、このときは良い物件がなく、色々な面であせっていたのもありました。

 購入してから現場調査をじっくりすると、色々でてきちゃいました\(//∇//)\

 そのひとつが基礎が無筋コンクリートだったことと外廻り以外は束石だったことです。

 購入したときに図面はなく、築年数的に微妙に鉄筋が入ってるか入ってないかの時期ではあったのですが。

 まさか内部が束石だったとは…。何件か木造住宅の床下は調査した事はあったのですが、初めてでした。

自分がその事をわからず買ったことに、情けなさを感じておりました(T_T)

これで,基礎には最低限の補強が必要になり、工事のお金が…。

やっぱり、購入前に小屋裏、床下調査ってすごく大切だなと実感させられました~
床下

↑の写真は実際もぐった時のもの。地面にはリフォームした後なのでしょうか、ごみもたくさん落ちておりました~。゚(゚´Д`゚)゚。



 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ymoku

Author:ymoku
 古い木造住宅の雰囲気を残して耐震診断、設計、断熱性向上の提案をしている設計事務所です。2015年から過ごしている築41年の木造2階建ての事務所兼住宅は、初のセルフリノベで現在快適に過ごしてます!
 セルフリノベやDIYした時の様子や耐震診断、設計、断熱性向上の提案の事、またそれに関する補助金の事などを綴っております! 

最新トラックバック